介護知恵袋

介助しやすい環境整備

投稿日:

入浴中の万一の際、そのお宅の扉が内開き戸だったら、

扉を開く際に、身体やシャワーチェアーに当たってしまって、

救助で中に入ることができず、介助者の救助が困難になってしまいます。

住宅改修の際は、入り口を「折れ戸」または「引き戸」にする事をお薦めいたします。

できれば、緊急対応可能な商品にして頂きますと、

脱衣場側から扉の枠ごと取り外しが出来ますので救助がしやすくなりますので、

お求めの際は事前に確認お願い致します♪

 

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護知恵袋

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.