鍼灸マッサージ治療院

大腿骨骨折について

投稿日:2018年10月8日 更新日:


今回は大腿骨骨折について大まかな事を書かせていただきます。

大腿骨骨折は大きく3つに分けられます。
内側骨折(ないそく)、転子部骨折(てんしぶ)、転子下骨折(てんしか)。

現在、70歳以上の方を中心に20万人以上の患者数と言われています。大腿骨骨折が増えてきた要因は高齢化社会が背景にあるようです。

男女比で言えば女性の患者数が多いです。これは女性は閉経後に骨密度が急激に減少したり男性より筋力が少ないなどの事が挙げられます。

基本的には手術が第一選択になります。その後は早目にしっかりとしたリハビリテーションや機能訓練を行う事が今後の予後に大きく関わってきます。

まずは大腿骨骨折をしない事が1番重要ですが、そうなってしまったと時にスマイルSPAが担っている機能訓練が重要となるのがお分かり頂けると思います。
手術後、お悩みの方は是非一度スマイルSPAにご相談下さい。

  • この記事を書いた人

大熊 貴史

鍼灸師/日本体育協会公認スポーツプログラマー

春日部共栄高校卒業/早稲田医療専門学校鍼灸学科卒業(2005年卒)

プロスポーツ選手治療、高校野球部・ゴルフ部専属トレーナー (埼玉栄高校ゴルフ部を全国大会優勝へ計4回導く)、アーティストツアー帯同トレーナー

-鍼灸マッサージ治療院

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.