介護知恵袋

介護サービス利用者負担額について

投稿日:

収入に応じて利用者負担割合が1~3割になります

2018年8月から、介護保険の「利用者負担割合」が変わりました。

「介護保険」は、各種サービスの一部を負担することで受けることができる制度です。

そして、「利用者負担割合」は、介護保険サービスを利用した際に、利用者が負担する割合を示すものです。

これまでは「年金収入280万円」を境にして、「280万円未満」なら自己負担は1割、「280万円以上」なら2割でした。

2018年8月からは、「年金収入340万円以上」という新しい分類ができて、自己負担が3割になりました。

ここで言う「年金収入」は単身世帯の場合です。

夫婦世帯の場合は、「346万円以上」で2割負担、「463万円以上」で3割負担となります。

ご参考までに・・・

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護知恵袋

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.