介護リフォーム

ふすま・障子を張り替えて、生活の質(QOL)を保ちましょう♪

投稿日:

私達ヘルパーは、ご自宅にお伺いさせて頂いてサービスさせて頂く事が多いので、

ご自宅の環境がどうなっているか?気になります・・・

先ずは寝室。

そもそもベッドを置く部屋としてベターなのか?

その部屋での配置は? 向きは? 麻痺側との兼ね合いは?

サイドテーブルはあるか?

移動の同線は? 障害物がないか?

ポータブルトイレの位置は? 向きは?

などなど、チェックする事がたくさん出てきます。

又、並行して

日差しが入るか?

換気はできるか?

照明は機能しているか?

扉の立て付けは?

最低でもこのくらいの確認が終わると、次に気になるのが、

『ふすま・障子・たたみ』です。

在宅で介護生活されていると、

そのお部屋で生活のすべてを行う事が多いので、

『ふすま・障子』は、あまりにボロボロでしたら、

張り替えたいものです。

『たたみ』に関してですが、車イスを居室でお使いになる様でしたら、

本来フローリングやソフトカーペットなどが良いと思われますが、

それ以外でしたら、畳でも大丈夫です。

 

この3点を替えるだけで、介護される側もする側も気分が良いですし、

最低限の生活の質(QOL)を保つ事ができます♪

みなさんのご家庭は如何でしょうか?

お困りの方は、何なりとご相談くださいませ!

 

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護リフォーム

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.