介護リフォーム

介護リフォームのすゝめ (和式トイレ→洋式トイレ)

投稿日:

弊社では早目のリフォームをおススメさせて頂いております。

誰もが加齢に伴い足腰の筋力が弱くなってきます。

ご自宅の慣れた所でもつまずいたりする事が増え、

今まで以上に転倒にも気を付けなければなりません。

そんな生活のなかで良く利用する「トイレ」。

『和式』の便座を使用されていらっしゃるご家庭も

まだまだ多く見受けられますが、

『洋式』に変える事で、一段と生活が楽になります。

特にご高齢の方はトイレに行くのを嫌がります。

しかも寒い冬などは特に行きません。

『洋式』にリフォームする事は、

工事的にもそんなに難しくなりません。

もちろん費用が掛かりますので、

事前に見積りさせて頂いた上で、

施行するようにしましょう!

弊社では無理な工事は薦めておりませんが、

トイレを使用するにあたり、

出入り口の段差の解消であったり、

手すりの提案であったりと、

これから加齢に伴い起こりうる事を把握しておりますので、

合わせてご提案させて頂いております。

お悩みの方は遠慮なくご相談くださいませ。

まずはお電話から♪

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護リフォーム

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2021 All Rights Reserved.