介護知恵袋

高齢者のフットケア

投稿日:

私達の足爪は体を支えて安定させる役割があります。

また歩く時には足の指先が蹴りだす力を爪がうまく伝えています。

つまり爪は、私たち人間の基本姿勢、立つ、歩くという基本動作の要として、

力のバランスをとる役割を果たしているのです。

では、高齢になると爪はどうなっていくのでしょうか?

高齢になると、全身が乾燥していくように爪もまた乾燥していきます。

乾燥すると爪は硬く、厚くなります。

また新陳代謝が悪くなるので、爪もあまり伸びなくなりますが、

伸びないからといって切らないで放っておくとさらに切りにくくなり、

割れやすくなります。 

こうした爪の変化により、身体のバランスも変わってきます。

立ったり歩いたりするとき、足指がすべて地面に着いた状態が正常なのですが、

指が地面に着かなくなるのです。

特に小指の爪はもともと小さいものですが、

切り過ぎてだんだんなくなってしまうこともよくあります。

すると完全に小指は地面に着かなくなります。

また爪が厚くなることで、足に力を入れにくくなったり、

靴にあたって痛みが出たりする場合もあります。

これらの症状が悪化すると、歩行が困難になり転倒の危険も大きくなってきます。

手は日ごろよく目に入るので、異変があると気がつきやすいものですが、

足に注意を払っている人はあまりいないのではないでしょうか。

高齢者の足にもっと注意をしてみてください!

歩き方が変わっていませんか?

膝が痛くて歩けないのは、足裏のバランスが崩れたことや、

爪の異常やタコが原因だったということもあります。

足に注目すると隠れていた病気の発見にもつながるかもしれません。

もっと「立つ」・「歩く」という動作の要である足をいたわってあげましょう。

フットケアの基本は、足の皮膚と爪を日頃から観察、チェックしておくことです。

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護知恵袋

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.