介護相談

老後に備え財産管理

投稿日:

「離れて暮らす親が介護生活になったら、

介護施設に入れて、自宅をば売ればいいや!」

って思ってる方多いのではないでしょうか?

でも、それって要注意!

名義が親になっている事がほとんどだと思いますので、

その場合は事前の手続きなどが必要になります。

売却したくてもできないケースって結構あるんです。

例えば、親が認知症になってしまうと、

判断能力が無いとみなされますので、

自宅の売却だけでなく、不動産の賃貸借、

贈与などができなくなります。

しかも、金融機関が口座を凍結してしまうため、

定期預金の解約すらできなくなってしまいます。

親の介護費や生活費などを予定していると

大変な事になります。

これらはお金のからむかなり大事な事ですので、

是非、ご家族様で早目にご相談の上、

専門家にお任せする事をお勧めいたしております。

 

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-介護相談

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2023 All Rights Reserved.