わたしたちの日常

コロナで高齢者孤独死!?

投稿日:2020年5月18日 更新日:

先日、嫌なニュースに目が止まりました。

「コロナで高齢者孤独死」

在宅で生活されている高齢者へのサービスは、

主に「訪問介護」と「通所介護」が中心となります。

これらの計画を組み立てるのが、ケアマネージャー。

概ね毎月1回は本人宅を訪問し、身体状況や生活状況などの

確認をしております。

この状況下で色々問題はあるかと思いますが、

なぜ防げなかったのか?非常に悔やまれます・・・

 

最近でこそやっと介護現場の話題も取り上げられる様に

なりましたが、医療現場との差はあるものの、

ある意味介護現場も非常に苦しい状況であります。

都道府県で多少の違いはあるかと思いますが、

基本的に厚労省は私達介護事業所に対し、

『感染対策を徹底した上で可能な限りサービスを継続』

としております。

もともと人手不足の業界で、この状況で介護職員も

精神的不安は大きく、コロナの影響で退職者が出たり、

労働条件を変更する介護職員も出ております。

感染経路が分からない中、感染してしまう、させてしまう、

そんな恐怖と不安との葛藤が長く続いております。

厚労省も継続を要請するなら、何かの手当をお願いしたい!

「コロナ手当」も感染した事業所が対象との事。

では感染者を出さずに頑張っている事業所は

どうなるのでしょうか?

もっと介護現場に目を向けて頂きたいものです。

切に願います。

 

  • この記事を書いた人

片山上総|株式会社KTコーポレーション代表取締役

入居率90%超のデイサービスを埼玉県加須市にて運営するほか、旅行サポート、冠婚葬祭サポート、空港送迎タクシーなど幅広く対応しています。どんな介護のお困りごとにも温かく対応します。ささいなことでも結構ですのご連絡ください(全国対応)。

【保有資格】
介護福祉士、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員、調理師、普通自動車二種

-わたしたちの日常

Copyright© 加須・久喜・羽生の介護の相談はスマイルへ|株式会社KTコーポレーション , 2020 All Rights Reserved.